院長紹介

名前:藤田徳人(ふじたなるひと)
S41.4.5.生まれ 大阪出身 H3.順天堂大学医学部卒 同順天堂大学病院で外科研修後 同整形外科学教室に入局、順天堂浦安病院、順天堂伊豆長岡病院、都立府中病院、伊豆逓信病院などを勤務後、同整形外科医局を退職し、以降、非常勤整形外科医師として勤務する傍ら、作家活動を行う。これまで約30冊の本を輩出する。以降、医師業に専念。「他の医者が治せない疾患、他の医者が治療を放棄した患者」を徹底治療することを専門とし、ブロック治療と医学研究に全霊を捧げる。2010年には世界初となる上頚神経節ブロックの手技を完成させ、その以前にも傍神経根ブロックなどの独自のブロック手技を完成させた。また日常の難病を長年にわたり研究し、その集大成として2014年「日常損傷病学」という新しい医学概念を確立する。そして翌2015年4月「ふじた診療所」を江戸川区平井に開設するに至る。
48歳のときの藤田医師(現在50歳)

あいさつ

近年の医学の急激な発展のために、先進国では平均寿命が大幅に伸び、そして世界中で高齢化社会の歪みが生まれています。社会保障費(医療費)が莫大に膨れ上がり、日本の財政は破綻寸前。そして若者たちは高齢者の医療費を肩代わりしているような形になり収入減。さらに寝たきりや認知症の介護が家族の人生を引き裂いています。こうした現状を整形外科の臨床現場でまのあたりにし、「何とかこの高齢者社会を救わなければならない」と10年以上前から行動を起こしてまいりました。最初は腰痛や神経痛で動けなくなり他の医師たちから治療を放棄された高齢者をブロック注射で歩けるようにすることから始めました。今では高齢者のめまい、ふらつき、難聴、認知症、パーキンソ二ズムなどをブロックで治療する試みを行い、かなり期待の持てる治療成果をあげています。これらの治療法が完成すれば大勢の人を助けられるでしょう。私は医療面から国を支えることが生涯の使命であると覚悟を決めコツコツと努力を積み重ねています。

医師啓蒙活動

私は一般の医師たちが「治せないと放棄した」「手術しか方法はない」と言い捨てられた患者たちをブロック注射で治す方法を研究してまいりました。この技術を無償で他の若い医師たちに伝えるべく、医師向けの講習会を開催していきたいと思います。一般内科医、一般外科医たちにも様々なブロック注射が行えるよう講習を行い、高齢者を救う技術を国内外に広めてまいりたいと思います。地位も名誉もない野良医師が身の程知らずと言われるかもしれませんが、私はとことん前に進むつもりです。賛同・協力してくださる先生方がおられましたら、ぜひご連絡いただければ幸いです。

医療のスペシャリスト集団を作る

    現医学では治らないとされる症状・疾患を専門に治療を行うのは、実を言うと医師よりもその他の治療師に多いということをご存知でしょうか? 鍼灸・漢方・ヒーリング・カイロプラクター・マッサージ・蜂の毒・エステシャン・心霊・サイキッカーなど、西洋医学が治せない症状を治すことを専門とする治療師は必然的に医師以外に多いのは当たり前の話です。 西洋医学で治せないものは西洋医学ではその仕組みがわかっていないということを意味しますので、その原因を取り除ける治療師がいたとしても科学では立証できません。しかし、立証できないなどは地獄の苦しみの中にいる患者にとってはどうでもよいことであり、「とにかく治してもらいたい」のです。 私は真摯に「治せないものを治せる超人技」を持つ治療師たちのうち、志が高い先生たちを集めて医療のスペシャリスト集団を作っていきます。ブロック治療を行いつつ、特別な治療師の治療とコラボレーションし、相乗効果を得るためです。2016年は腱引き師の代表である小口先生の協力の元、コラボレーションが開始されました。2017年からはCBPカイロプラクティックの田中先生の協力を仰ぎます。 そして、さらに高僧(修行僧)であられる大久保先生に心的波動による治療でご協力いただけることになりました。治療は一切強制しません。悪徳商法でもございません。志の高い者しか集まりませんのでご安心ください。2017年はさらなる難治性疾患の治療のためにブレインを集めて協力体制を作ります。