院長紹介

名前:藤田徳人(ふじたなるひと)
S41.4.5.生まれ 大阪出身 H3.順天堂大学医学部卒 同順天堂大学病院で外科研修後 同整形外科学教室に入局、順天堂浦安病院、順天堂伊豆長岡病院、都立府中病院、伊豆逓信病院などを勤務後、同整形外科医局を退職し、以降、非常勤整形外科医師として勤務する傍ら、作家活動を行う。これまで約30冊の本を輩出する。以降、医師業に専念。「他の医者が治せない疾患、他の医者が治療を放棄した患者」を徹底治療することを専門とし、ブロック治療と医学研究に全霊を捧げる。2010年には世界初となる上頚神経節ブロックの手技を完成させ、その以前にも傍神経根ブロックなどの独自のブロック手技を完成させた。また日常の難病を長年にわたり研究し、その集大成として2014年「日常損傷病学」という新しい医学概念を確立する。そして翌2015年4月「ふじた診療所」を江戸川区平井に開設するに至る。

あいさつ

近年の医学の急激な発展のために、先進国では平均寿命が大幅に伸び、そして世界中で高齢化社会の歪みが生まれています。社会保障費(医療費)が莫大に膨れ上がり、日本の財政は破綻寸前。そして若者たちは高齢者の医療費を肩代わりしているような形になり収入減。さらに寝たきりや認知症の介護が家族の人生を引き裂いています。こうした現状を整形外科の臨床現場でまのあたりにし、「何とかこの高齢者社会を救わなければならない」と10年以上前から行動を起こしてまいりました。最初は腰痛や神経痛で動けなくなり他の医師たちから治療を放棄された高齢者をブロック注射で歩けるようにすることから始めました。今では高齢者のめまい、ふらつき、難聴、認知症、パーキンソ二ズムなどをブロックで治療し、成果をあげています。