難治性疾患研究所

難治性疾患研究所


医学では原因が不明の症状・病気の治療研究

その医学的アプローチと波動医学的アプローチの研究報告


治療実績(どういう病気を治療しているか?)

  • 突発性難聴(大学病院で改善不十分な例)耳鳴り・補充現象:上頚神経節ブロックを用いる
  • 精神疾患(経口薬を離脱し完治を目指す):上頚神経節ブロックを用いる
  • 脳疾患(脳梗塞・認知症・パーキンソン症候群・脳神経(眼・嗅・耳・三叉神経痛)小脳脊髄変性症
  • その他、整形外科で「手術が必要」と言われた疾患のほとんどを保存的に治療、腫瘍やアトピーまで

現代医学では「治す方法はない」と言われている病気を中心に治療し研究しています。


 

難治性疾患研究所の主旨

医学では原因が不明の症状・病気は列挙しきれないほど多いものです。良性でも悪性でも腫瘍の原因はほぼ不明です。精神疾患のほぼ全てが原因不明です。ALSや小脳脊髄変性症、パーキンソン病などの神経内科的な病気から、下痢や便秘、高血圧、糖尿病、高脂血症など誰もがかかる病気や症状までほとんどが原因不明です。そして最も原因不明なのが痛みです。ちょっとした頭痛や腹痛の原因が病院で判明することはほとんどなく、肩こりや腰痛も病院ではまず治りません。


医師はプライドが高い人種ですが、まじめに患者を救おうという良心がある医師はそのプライドに打ち勝ち、「医学では治せない症状がほとんどである」ことを認めます(多くの医師はプライドが邪魔して認めません)。


医学は全ての病気を制圧しているかのように見えますが、実のところ原因を除去することはできず、薬で症状を抑えているだけであることがほとんどです。ここでは医学では治らない症状・病気で悩んでいる方、そしてそれらを専門に治そうとしている方のために有用な情報を提供していきます。


サイト管理者プロフィール

1966年生まれ 大阪出身 H3年順天堂大学医学部卒 ペインクリニック整形外科医師(江戸川区平井) 難治性疾患専門 大学病院が「治せない」と白旗を振った患者を中心に治療。治療対象は全ての科であり、皮膚病から悪性腫瘍、スポーツ医学的なものまであらゆる難治性疾患に対応。ここは私の個人研究サイトですので私の医院の広告サイトではありません。広告とみなされると法律に抵触する恐れがあるため氏名・院名は伏せています。

mail:     naka44cl@gmail.com

スパム防止のため全角にしています。半角に直してご利用ください。


私の専門技術

  • 上頚神経節ブロック(超音波診断装置下に精密に行う。私は本ブロックの開発者です。)
  • 傍神経根ブロック(神経根をブラインドで注射。主に頚神経根。開発者です。)
  • 透視下神経根ブロック(抵抗消失法によるほとんど痛みのないブロック)
  • 指関節内注射(指の変形や痛みを改善させる難易度の高い注射)
  • 特殊関節内注射(足、股、顎から仙腸関節・椎間関節まであらゆる難易度の高い関節内)
  • 硬膜外ブロック(難易度の高い脊椎を主に行う)