ブロック注射の種類とご紹介

ここでは私がどういう医療技術を持ち、どういう治療をしているのかということを具体的にご紹介します。治療の参考になさってください。

トリガーポイント注射

トリガーポイントとは痛みを引き出すポイント、つまり痛いところに注射をするという「もっとも簡単なブロック注射」のことを意味します。トリガーポイント注射は難治性の痛みに効果があると吹聴した医師たちをマスコミが大々的にとりあげたため、誇大広告が先行した注射法ですが、実は誰でもできるもっとも簡単な注射です。もちろん、当院でも容易に行うことができます。リスクが少ないことが売りです。ですが、以下に紹介するブロック注射と比べて、治療効果が低く、難治性の疼痛にはほとんど持続効果がなく、その場しのぎになることが多いでしょう。ただし、軽度の疼痛には著効することが多く、軽症疼痛患者の第一選択とされる注射です。

傍神経根ブロック(PRB)

傍神経根ブロックとは通常の神経根ブロックをブラインドタッチで行う手技です。神経根(ルート)ブロックは各種疼痛治療にもっとも効果的と言われている神経根へのブロック注射ですが、現保険医療ではエックス線透視下に造影剤を使用して、神経を映し出しながら行うことが義務付けられており、外来で簡単に行えない仕様になっています。しかも神経根ブロックは造影剤の注入時に耐えがたい激痛が走り、注入圧のせいで神経が損傷することもしばしばあり、そのリスクとコストの高さを考えると、決して患者様に気軽にすすめられるものではありません。よって治療効果は高くとも、苦痛を差し引きした価値は高くないと考えます。
私はこれを改良し、注射の痛みが少なく椎間孔付近にブラインドで注射する全く新しいルートブロックを完成させました。それがPRBです。神経に直接針を刺さないので神経損傷のリスクが極めて低く、何度でも行えることが特徴です。したがって反復のルートブロックが行えるので難治性の疼痛も売り返し注射することで治すという新たな可能性が広がりました。以下にPRBの具体例を示します。

頸椎傍神経根ブロック

頚椎神経根ブロックはリスクもコストもかかる治療法のため「肩がこるからブロック」というように気軽に行えるものではありませんでした。したがって上肢や首まわりの凝りには決め手のある治療がない状況でした。私は頚椎の横突起からアプローチするブラインドタッチでのブロック法を開発し、リスクの大幅な軽減とブロック時の苦痛の軽減を成功させました。これにより、今まで頚椎牽引などしか治療法がなかった頚椎椎間板ヘルニアなどの治療を、傍神経根ブロック注射で治療できるようになりました。しかも、週に何度も反復の治療が可能なため満足の行くところまで治療できます。これにより、長年治ることのなかった肩こり、注射だけでは治らなかった難治性五十肩、頚椎由来の頭痛なども治療できるようになり、驚くほど様々な頚肩腕の治療が可能になりました。

胸椎傍神経根ブロック

背中の痛み、肋間神経痛、帯状疱疹には胸椎への神経根ブロックが極めて有効です。ブラインドで神経根付近にキシロカインなどの麻酔薬を注射します。しかしながら胸部には肺があるため、誤って肺を刺してしまい気胸を作ってしまうリスクがあり、このブロックには技術を要します。さらに、深く針を進めると交感神経節ブロックにもなります。胸部の交感神経節ブロックは適応が少ないとおもわれがちですが、実は脊髄内の血行を改善させるため、脊髄由来の不定愁訴に極めて有効です。たとえば、食欲不振・冷え性・なかなか治らない原因不明の腹痛など。

腰椎傍神経根ブロック

腰痛・坐骨神経痛に著効する神経根ブロックをブラインドタッチで行うブロック法です。神経を直接刺さないため、リスクが少なく、そして手軽に外来でできるので非常に重宝される手技です。痛みだけでなくしびれにも効果が高く、何度でも行えます。脊椎手術後にも手軽にできるので、術後に痛みが出現して「治療のしようがない」と言われた人にも積極的に使用できます。また、「何番目の神経が原因で痛みが来るのか?」をすぐに調べることができるので診断ツールとしても使えます。何よりもリスクが少ないと言う点においてかなり重宝します。

腰部硬膜外ブロック

硬膜外ブロックは脊椎の内部に針を進めるため、さまざまな合併症がつきまといます。よって気軽に外来で行えない事情があります。そこで私はもっとも細い針を使用することによりブロックのリスクを軽減させ、カジュアルにブロックを行える環境を整えました。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰痛症、足のつり・しびれなどに極めて有効です。上記の腰椎傍神経根ブロックで効果が少ない場合にはこの硬膜外ブロックを併用するなどの工夫をし、治療効果を高めます。また、リスク軽減に尽力したことにより、何度でも繰り返し行うことができ、私の外来ではブロックを定期的に継続している患者様が多数おられます。繰り返し行えることのメリットは、脊椎の手術を行わなくとも活動性の高い状態を長年持続させることができることです。これによって高齢者の場合は寝たきりを防ぐことが可能です。腰痛で仕事の能率が低下している労働者は、自分の能力をアップさせることができます。

仙骨部硬膜外ブロック

仙骨部の硬膜外ブロックは主に坐骨神経痛の治療に用いますが、過活動性膀胱や足のつりなどにも大変有効です。腰部からの硬膜外ブロックよりもリスクが低いのでこのブロックを好む医師は多いのです。が、実際は仙骨部の奇形と狭窄により、想像以上に注射が成功しないのが難点です。また、無理矢理仙骨裂孔に針を入れようとして患者に激痛を与える医師が多い、誤って静脈内注射になってしまう、神経を損傷させてしまうなどがあり、患者にとっては勇気のいる治療です。私は局所麻酔を用い、27G針をガイドにするなどの工夫をすることで、そういう合併症を起こりにくくすることに尽力しています。よって、このブロックもかなり苦痛なくカジュアルに行えて成功率の高いものにしています。こうした甲斐あって、現在では過活動性膀胱や足のつりを治すために本ブロックを積極的に用いています。

胸部硬膜外ブロック

胸部に硬膜外ブロックを行う場合、その保険適応は胸椎椎間板ヘルニアくらいなものですが、最近の私の研究で、ブロック無効の腰痛・坐骨神経痛に胸部硬膜外ブロックが有効であることがわかってきました。胸部への硬膜外ブロックは1.ブロックによる神経損傷のリスクが高いこと、2.万一深く刺し過ぎると麻酔がかかって血圧低下などのリスクが高くなる、3.椎弓間孔が狭いため針が入りにくく難しい、などの理由によりブロックの料金が腰部硬膜外ブロックのほぼ2倍となります。しかし、これまで効かなかった注射が、著効を示す例もあり、リスクに見合った効果が期待できます。

頸部硬膜外ブロック

頸椎への硬膜外ブロックは、万一深く入ってしまった場合、意識消失、自発呼吸消失などの重大なリスクがあるので、その代替え手段である傍頚神経根ブロックを行うことができる私は、本ブロックを行うことはほとんどないといえます。しかしながら頸部から背部への耐え難い広範囲な痛みに対しては、本ブロックが適応となります。このブロックはリスクが高すぎるのでブロック経験が少ない医師には決してお勧めできません。私はこれまで本ブロックにおいて呼吸停止など重大な副作用・過失を起こした経験は一度もありません。ただ、それにしても慎重に行わなければならないブロックですので患者様に気軽に勧めることはありません。ただし、このブロックは頸部・上肢・背部の痛みに極めて効果的であることが多く、リスクが高いといえども受ける価値は高いブロックです。

頚部交感神経節ブロック

頚部交感神経節ブロックは頸部に上・中・下の3か所存在し、そのうち下の神経節が有名であり、これは「星状神経節」と呼ばれています。これらの個所へのブロックでは、頸髄・延髄・脳幹・脳への血流増加が起こり、自律神経失調症・三叉神経痛・耳鳴り・めまいから果ては脳梗塞後遺症・認知症・パーキンソン症候群・神経症などにも効果があります。高齢化社会の救世主的なブロックです。かすみ目などにも効果があり、現医学ではまだ治療ガイドラインが確立されていませんが、現医学で治らないとされる様々な病気を治せる可能性があると思われます。私の外来では約半数が本ブロックを希望する患者で占められており、大変人気の高いブロック注射です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です